第74号 2019年の今年は、日本の暦の干支では 【猪年】―世界の動向を理解して怖れを手放し、飛躍しましょう。

○○○○○-------------------------------------------------------
バベル翻訳大学院(USA) Alumni News Letter
第74号  2019年3月8日発行

このニューズレターは、バベル翻訳大学院(USA)のAlumni Serviceより、
院生・修了生の方々にお送りしております。

Alumni Associationのページをぜひご活用ください。

バベル翻訳大学院facebook

バベルのWEBマガジン「The Professional Translator」

発行:毎月7日、22日
【ログインID:ご自身のメールアドレス】
【パスワード:0000】
--------------------------------------------------------○○○○○

<<<目次>>>
【1】 TPT 第215号から 注目記事 [巻頭言]
【2】 TPT 第215号から 注目記事 [Alumni編集室から]
【3】 日本翻訳協会からのお知らせ

====================================================
【1】 TPT 第215号から 注目記事 [巻頭言]
====================================================
『2019年の今年は、日本の暦の干支では 【猪年】―世界の動向を理解して怖れを手放し、飛躍しましょう。』
  BUPST バベル翻訳専門職大学院 学長 湯浅美代子
 
2019年も1月22日ともなり、立春ももうすぐですね。旧暦では、2月4日の立春を過ぎ、2月5日が
新年となっていますから、2度目のお正月ですね。それは、西暦2019年、と言うより、和暦の【猪年】の
新年ですので、【猪年が、明けましておめでとうございます。】という気分なのです。

と言いますのも、私は1947年、この【猪年】生まれで、還暦にプラス12年目の72才を迎えます。
【いのしし=猪】は猪突猛進と言われますが、まさに私にぴったり!笑。 実に猪突猛進の人生
でした!!1974年に就職し、1977年に現在の株式会社バベルの前身
【日本翻訳家養成センター】を設立して独立、その後、わき目もふらず、ただひたすら【翻訳】を
見つめていろいろな事業を起こし、会社を設立しながら、この3月4日で満45歳の事業活動
人生の一区切りを迎えるのです!しかし、目指すは50周年=執念ですので、楽しみは続きます。
笑い。

先はまだありますが、何というか【感無量】です。人間って素晴らしいな!と感じる今日この頃です。
若い頃はいろいろな困難に直面したり、様々な苦悩を体験したり、などありましたが、流石に、
ただ翻訳一筋に、60代にもなると人生体験も豊富になりますから、だんだん怖いものがなくなり、
いつも楽しいというような気分で過ごしてきました。と言っても、未知へのチャレンジ、向上心が
なくなったのではなく、何が起きても大丈夫!というような安心感=信頼感=幸福感、に
似た気持ちです。

実は、3年程前、一つのインスピレーションがやってきました。それは、大きなテクノロジーの
変化が起きて、世界は激変してしまう!というものです。勿論あちこちでAIによる世界の
激変が語られているわけですが、それは一つの側面に過ぎなくて、本質的な人間の変化が
起きてくるのではないか?それにより、世界は大きな変貌を遂げる!というような、一種
「予感」のようなものなのです。  ……

※続きはこちらから:http://e-trans.d2.r-cms.jp/kantou2/

====================================================
【2】 TPT 第215号から 注目記事 [Alumni編集室から]
====================================================
日本の特許出願 重要性増す国外での知財戦略
 バベル翻訳専門職大学院(USA) 副学長 堀田都茂樹

今号より、バベル翻訳専門職大学院の教授、奥田百子先生(弁理士、特許翻訳者)による
連載がスタートします。これより3号は公開記事として無料でも購読できます。

記事は「すんなり入れる特許翻訳―普通の英語から簡単に特許の英訳ができるようになる」と
題してスタートします。

スタートにあたって、日本の特許事情、科学技術投資環境を概観してみたいと思います。

ご存知のように、特許出願件数は、その国の研究開発、技術開発のレベルを示す一つの
バロメーターと言われます。わが国は、1995年に科学技術基本法を制定し、
「科学技術立国」を掲げ、特許出願件数は、98年に初めて40万件を超えました。
02年には知的財産戦略会議が設置され、「知財立国」を目指すべく、知的財産戦略
大綱及び知的財産基本法が制定されました。

その後、わが国の特許出願件数は、40万件を超える時代が続き、バブル後の市場
低迷やリーマン・ショックの影響後は、わが国の特許出願件数は05年をピークに
右肩下がりを続け、2016年の出願数は31万8381件に落ち込みました。

一方、国際特許の出願は若干の増減があるものの増える傾向にあり、16年は過去
最高の4万4495件となり、その後は増加傾向にあると言われます。研究開発や
企業活動のグローバル化が進み、国外での知財戦略の重要性が増していると考えられます。

一方、中国は国策で報奨金を出すなど、知財強化を図っており、知財大国の様相を
呈しています。特許出願件数は、06年に約21万件だったのが、10年にはわが国を
抜き、翌11年には米国を抜いたと言います。また、15年には75万件を超えたと
言われます。わが国ではほとんど利用されない実用新案制度も、特許と同等の出願数を
誇っていると聞きます。

翻って、昨年、 政府は、科学技術について、日本の基盤的な力が急激に弱まってきて
いるとする2018年版の科学技術白書を発表しました。そこでは、引用数が影響力の
大きい学術論文数の減少などを指摘しています。

白書によると、日本の研究者による論文数は、04年の6万8千本をピークに減り、
15年は6万2千本になったとあります。主要国で減少しているのは日本だけだと
言います。同期間に中国は約5倍に増えて、24万7千本に、米国も23%増の
27万2千本になったと言われます。

研究の影響力を示す論文の引用回数で見ると、上位1割に入る論文数で、日本は
03~05年の5・5%(世界4位)から、13~15年は3・1%(9位)に
下がったと言います。また、2000年度を100とし、 直近の科学技術関係予算を
比較すると、 中国が11倍、韓国が4.7倍、アメリカ、ドイツ、イギリス といった
先進国ですら1.5倍強とのこと。それに対し、我が国は1.06倍。日本は、
予算を全く増やしていないと言います。

さらに、大学を法人化し、「短期の成果主義」という科学技術開発にはおかしな
発想を導入。 国立大学が法人化された2004年には1兆2415億円だった
国立大学法人運営等交付金は、2017年には1兆0970億円にまで削減
されたと言います。

予算削減の緊縮と、奇妙な短期の成果主義が蔓延し、長期的な研究開発がほぼ
不可能と指摘されています。せめて米英独並に科学技術関係予算を増やし、かつ
「長期」に予算をコミットすることで、 研究者の雇用を安定化させ、 長期的研究に
取り組めるようにすべきなのでしょう。この緊縮、短期路線が続く限り、 我が国の
科学技術力の凋落を食い止めることは不可能というのが偽わざる状況のようです。
これこそ、知財戦略の根幹にかかわる由々しき課題で、国を挙げて挽回が望まれます。

翻訳に話を戻すと、特許明細書の文章しだいで、それが翻訳であれ、特許になるか
否か、権利範囲が左右されたり、侵害訴訟を起こしても賠償金が取れないと言った
場合があることは認識しておくべきです。ニューラル機械翻訳がいかに進んでも、
最終的には人間に頼らざるを得ない状況は当面変わらないわけで、特許は翻訳に
おいて優秀な翻訳者が望まれる分野の一つであることは間違いありません。

※全文はこちらから:http://e-trans.d2.r-cms.jp/alumni2/

====================================================
【3】日本翻訳協会からのお知らせ
====================================================
一般社団法人 日本翻訳協会 試験のご案内
====================================
☆★☆日本翻訳協会の認定校のバベル翻訳大学院USA 修了生の方は
   2019年3月実施の各試験を受験料\3,000にて受験頂けます!! ☆★☆
(一般受験料:\5,400から)

*試験のお申し込みの際には必ず、
バベル翻訳大学院(USA)の「修了年度と専攻」を受験申請書の
「備考」欄に記載して下さい。
====================================
<2019年3月16日実施>

1.「出版翻訳能力検定試験」
実施日:2019年3月16日(土)10:00~13:00(日本時間)
締切り:2019年3月12日(火)(日本時間)
1) 第20回 一般教養書(ビジネス関連)翻訳能力検定試験 
2) 第20回 一般教養書(サイエンス関連)翻訳能力検定試験
詳細・お申込は、当協会ホームページから 
http://www.jta-net.or.jp/about_publication_exam.html

2.ビジネス翻訳能力検定試験
実施日:2019年3月16日(土)10:00~12:00(日本時間)
締切り:2019年3月12日(日本時間)
1) 第30回 IR・金融翻訳能力検定試験(英日・日英)
2) 第34回 リーガル翻訳能力検定試験(英日・日英)
詳細・お申込は、当協会ホームページから 
http://www.jta-net.or.jp/about_business_exam-2.html

3.第19回フランス語翻訳能力検定試験
◆フィクション分野
実施日:2019年3月16日(土)10:00~13:00(日本時間)
締切り:2019年3月12日(火)(日本時間)
詳細・お申込は、当協会ホームページから 
http://www.jta-net.or.jp/about_french_translation_exam.html

4.第19回 ドイツ語翻訳能力検定試験
◆フィクション分野
実施日:2019年3月16日(土)10:00~13:00(日本時間)
締切り:2019年3月12日(火)(日本時間)
詳細・お申込は、当協会ホームページから 
http://www.jta-net.or.jp/about_german_translation_exam.html

====================================================
2019年3月8日発行 バベル翻訳大学院(USA) Alumni Service

このご案内はBABEL UNIVERSITYから配信しております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元:Babel University Professional School of Translation
Home Page:http://www.babel.edu
無断での転載・複写を禁止します。
Copyright(c) 2019 Babel Corporation All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当大学院からのご案内の配信停止をご希望の方は、下記フォームをご利用ください。
https://www.babel.co.jp/form/stp2.html
※掲載されている記事の無断複写・転載を禁止します。