第55号 世界の翻訳ニーズ、翻訳市場に対する新たな視野を持ちましょう

֥○○○○○-------------------------------------------------------
バベル翻訳大学院(USA) Alumni News Letter 
第55号  2018年5月1日発行

このニューズレターは、バベル翻訳大学院(USA)のAlumni Serviceより、
院生・修了生の方々にお送りしております。

Alumni Associationのページをぜひご活用ください。
http://www.babel-edu.jp/mstpb/

バベル翻訳大学院facebook
https://www.facebook.com/BabelUniversity/

バベルのWEBマガジン「The Professional Translator」
http://e-trans.d2.r-cms.jp/
発行:毎月7日、22日
 【ログインID:ご自身のメールアドレス】
 【パスワード:0000】
--------------------------------------------------------○○○○○

<<<目次>>>
【1】 TPT 第196号から 注目記事 [巻頭言]
【2】 TPT 第196号から 注目記事 [Alumni編集室から]
【3】 日本翻訳協会からのお知らせ

====================================================
【1】 TPT 第196号から 注目記事 [巻頭言]
====================================================
「世界の翻訳ニーズ、翻訳市場に対する新たな視野を持ちましょう」
 BUPST バベル翻訳専門職大学院 学長 湯浅美代子

 皆様お元気でお過ごしのことと思います。早4月7日ともなると、ソメイヨシノ種の
桜はすっかり葉桜となり、今や色とりどりの八重桜が咲き始めています。これから
しばらくは、八重桜のお花見が楽しめますね。

ところで、今年は、桜の開花が早かったように感じます。皆様のお住まいの地域では
如何でしょうか?

時間の経過を早く感じていくのは、情報量が多くなったり、ついあれやこれやと忙しく
なったりすることが影響しています。ところが、しなければならないことがなく、のんびりと
した気分になると、時間の経過がとても遅くなります。皆様も体験されたことが
おありではないでしょうか?実は、先日、私はそれを実感しました。

暖かな日差しを浴びながら公園のベンチで本を読み、お茶とおやつをいただきながら、
また別の本を読み、あら、ずいぶん時間がたったのではないかと思って時間を見ると、
小一時間しか経っていないのでした。太陽もたいして傾いていません!これは素晴らしい
一日だわ、とすっかりいい気持でのんびり読書と太陽光線を楽しむことができました。
お供の犬も膝の上で、のんびりしています。

今回は、時間が止まったわけではなく、ものすごくゆっくり流れていった!という実感の
体験でした。

もしかすると、止まっていたのかもしれませんが?最近はかなり大まかな思考になっている
ので、時間感覚=間隔も大まかになったのですね(笑)。

 時間は一定ではないのか?と思ったりもしますが、時計は同じ間隔で刻んでいるの
でしょうがそれを見たり、感じたりする、われわれ人間側にその原因があるのですね。
我々人間の知覚、認識力というものは、心の有り様、経験の有り様、思考の仕方、
価値観などで変化することが分かっています。皆様も実感されることと思います。
つまり、どんな価値観で、どんな心の状態で知覚するかによって、時間の長さは変化
してしまうということになるのです。

 桜の開花もその時の諸条件により、毎年開花のタイミングがずれたりしますが、
それと同じように、われわれ人間の心の状態がその諸条件となっていることが分かり
ます。まあ、感じ方が変わったからと言って、そんなに敏感になることもないのでは?
と思われる方も多いかと思いますが、これは、結構大事なことなのです。

今は、従来の科学技術に比べ飛躍的変化を遂げるAIテクノロジーが実用化されて
いく、大きな変化の時代です。時間の伸び縮みに無関心な感情レベルだと、このような
変化の兆しを見過ごしてしまうことになるかもしれません。変化というのは微細なもので、
すっかり変わったと思う時には、チャンスの芽は既に過ぎ去っているかもしれません。
やはり、知覚は繊細にして敏感な方がいいでしょう。 ……

※続きはこちらから:http://e-trans.d2.r-cms.jp/kantou2/

====================================================
【2】 TPT 第196号から 注目記事 [Alumni編集室から]
====================================================
思考法が変われば、幸せになる!?
 バベル翻訳専門職大学院(USA)  副学長 堀田都茂樹
 
 最近、坂本尚志氏による「バカロレア幸福論」というユニークな著書に出会った。
その帯には「日本人が不幸なのは、哲学をやっていないからだ!!」とある。その前書きで、
失業率、殺人発生率、交通事故死者数、肥満率といった社会生活を平穏に送る上で
重要な指標を日本とフランスを比較している。どのデータも日本の方がフランスより、良い
数値を示していながら、国連の「世界幸福度報告(2016年)」によると、150以上の
調査対象国の内、フランスは幸福度が32位という自己評価。対して日本は53位。
この違いは一体何かを論証していく書籍だった。
 
 結論から言うと、その原因は、フランスの大学入試統一試験の中にある、バカロレア
哲学試験にある。バカロレア試験は日本でも最近は導入準備をしているところも多い
ようだが、フランスでは大学進学を目指す高校生のほとんどが受験するという。

 この過程で、彼らは様々な哲学的な立場や議論を学びそれらを使って哲学小論文
という「思考の型」を使って表現する。フランス人は高校時代に徹底的にこれを練習する。

 翻って、日本はというとOECDのPISA、15歳時の学力調査はひところの
ゆとり教育の低迷から一転、2015年は科学的リテラシーと数学的リテラシーは1位、
読解力は6位と自慢げだが、哲学的思考訓練をしているとは聞いたことがない。

 ご承知のように、日本の高等教育たるやさんざんたる状況だ。世界基準となっている
英タイムズ・ハイアー・エデュケーションの世界大学ランキングでは東京大学が
アジアNo.1の座をシンガポール国立大学に譲り、一気にアジア7位、
世界39位まで低落している。

 おまけに日本では有名な早慶上智ですら300位以内にすら入っていないという体たらく。
その主な理由は補助金頼み、経済的に自立できない、これに加え、教養教育の貧弱さと
言われている。この辺は、高校時代より哲学教育を行うフランスとの違いも鮮明だ。

 一般教養というと欧州が本場と考えがちだが、実のところ現在ではリベラル・アーツ
教育をしっかり実践しているのは、ハーバード、プリンストン、イェールなどのアイビーリーグや、
リベラル・アーツ・カレッジ(全米に280校余り在る)が主力。米国では日本と違って
専門課程の教授より、教養課程の方がステータスが高いと言われている。

 世界有数の優秀な学生は教養過程でその知的筋力と自ら考える力、思考の型を
養うと言われる。

 こうして考えると、幸せ観をもって職業生活を平穏に暮らす技術も、幸せとは何か、
働くとは、翻訳の仕事とは、それらの問いかけを自らに向け、その背景となる教養を磨き、
哲学し、その「思考の型」を学ぶことが、これからの翻訳者はもちろん、幸せに働きたいもの
全てに求められているように思う。

 今一度、翻訳者としてどう幸せに生きるか、ともに考えていきたい。

 アメリカの哲学者、心理学者であるWilliam Jamesが言うように、
・心(思考)が変われば行動が変わる。
・行動が変われば習慣が変わる。
・習慣が変われば人格が変わる。
・人格が変われば運命が変わる。

思考が変われば、運命すら変わるのだから。

※全文はこちらから:http://e-trans.d2.r-cms.jp/alumni2/

====================================================
【3】日本翻訳協会からのお知らせ
====================================================
一般社団法人 日本翻訳協会  試験のご案内
====================================
☆★☆日本翻訳協会の認定校のバベル翻訳大学院USA 修了生の方は
    2018年5月及び6月実施の各試験を受験料\3,000にて受験頂けます!! ☆★☆
(一般受験料:\5,400から)

*試験のお申し込みの際には必ず、
バベル翻訳大学院(USA)の「修了年度と専攻」を受験申請書の
「備考」欄に記載して下さい。
====================================

<2018年5月26日実施>
1.	第28回JTA公認 翻訳プロジェクト・マネージャー資格基礎試験
実施日:2018年5月26日(土)10:00~12:00(日本時間)
締切り:2018年5月22日(火)(日本時間)
詳細・お申込は、当協会ホームページから 
http://www.jta-net.or.jp/about_pro_exam_tpm.html

2.「出版翻訳能力検定試験」
実施日:2018年5月26日(土)10:00~13:00(日本時間)
締切り:2018年5月22日(火)(日本時間)
1) 第20回 絵本翻訳能力検定試験 
2) 第17回 スピリチュアル翻訳能力検定試験
詳細・お申込は、当協会ホームページから 
http://www.jta-net.or.jp/about_publication_exam.html
 
3.ビジネス翻訳能力検定試験
実施日:2018年5月26日(土)10:00~12:00(日本時間)
締切り:2018年5月22日(火)(日本時間)
1) 第25回 IR・金融翻訳能力検定試験(英日・日英)
2) 第29回 リーガル翻訳能力検定試験(英日・日英)
詳細・お申込は、当協会ホームページから 
http://www.jta-net.or.jp/about_business_exam-2.html

<2018年6月2日実施>
4.第39回JTA公認 翻訳専門職資格試験
実施日:2018年6月2日(土)(日本時間)
締切り:2018年5月29日(火)(日本時間)
詳細・お申込は、当協会ホームページから 
http://www.jta-net.or.jp/about_pro_exam.html

<2018年6月16日実施>
5.第16回フランス語翻訳能力検定試験
◆フィクション分野
実施日:2018年6月16日(土) 10:00~13:00(日本時間)
締切り:2018年6月12日(火)(日本時間)
詳細・お申込は、当協会ホームページから 
http://www.jta-net.or.jp/about_french_translation_exam.html

6.第16回 ドイツ語翻訳能力検定試験
◆フィクション分野
実施日:2018年6月16日(土) 10:00~13:00(日本時間)
締切り:2018年6月12日(火)(日本時間)
詳細・お申込は、当協会ホームページから 
http://www.jta-net.or.jp/about_german_translation_exam.html

====================================================

2018年5月1日発行 バベル翻訳大学院(USA) Alumni Service

このご案内はBABEL UNIVERSITYから配信しております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元:Babel University Professional School of Translation
Home Page:http://www.babel.edu
無断での転載・複写を禁止します。
Copyright(c) 2018 Babel Corporation All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当大学院からのご案内の配信停止をご希望の方は、下記フォームをご利用くださ
い。
https://www.babel.co.jp/form/stp2.html
※掲載されている記事の無断複写・転載を禁止します。