第67号 翻訳書の出版で、プロフェッショナルとしてのブランディングを考える


○○○○○-------------------------------------------------------
バベル翻訳大学院(USA) Alumni News Letter 
第67号  2018年11月6日発行

このニューズレターは、バベル翻訳大学院(USA)のAlumni Serviceより、
院生・修了生の方々にお送りしております。

Alumni Associationのページをぜひご活用ください。

バベル翻訳大学院facebook

バベルのWEBマガジン「The Professional Translator」

発行:毎月7日、22日
 【ログインID:ご自身のメールアドレス】
 【パスワード:0000】
--------------------------------------------------------○○○○○

<<<目次>>>
【1】 TPT 第208号から 注目記事 [巻頭言]
【2】 TPT 第208号から 注目記事 [Alumni編集室から]
【3】 日本翻訳協会からのお知らせ

====================================================
【1】 TPT 第208号から 注目記事 [巻頭言]
====================================================
「 翻訳書の出版で、プロフェッショナルとしてのブランディングを考える 」
 BUPST バベル翻訳専門職大学院 学長 湯浅美代子

 台風24号が日本列島を縦断し、すっかり秋の気配が色濃くなりました。彼岸花は
9月半ばには咲いていて、時の経つのは速いと感じます。台風一過、秋晴れは
素晴らしいですね。

 ところで、折角翻訳者を目指すなら、やはり、翻訳書を出版したいですね。
ビジネス分野の翻訳は、翻訳市場の規模が大きいので、安定した収入が期待
できます。しかし、専門分野のビジネス関連文書の翻訳に集中してばかりいると、
たまには出版物の翻訳も手掛けたくなります。専門分野の関連書籍や、学術書、
大学の教科書などもありますし、出版物も多様なニーズがあります。

 さらに、自分の専門分野に関する学習の継続、新智識、新研究事例の学習など、
自分の専門分野の翻訳技能を高めて行くためにも、関連書籍を読み、学習を継続して
いくことが必要ですが、これを、自分の専門知識の向上、継続の為だけだと考えずに、
これから、この専門分野の翻訳に従事したい人々や、同時に専門知識を学習したい
人々の気持ちも共有することで、一石二鳥の作業となります。

 従って、専門分野の翻訳者を目指すなら、翻訳書出版のことも視野に入れておく
ことを勧めます。いわゆる文芸作品の翻訳者を目指す人だけが、翻訳書出版を実現
するだけではないのです。文芸分野の翻訳は、出版物としての作品が主になるため、
初めから翻訳出版を想定する事になりますが、返ってそのために翻訳の仕事が安定
しない、定期的な収入が期待できないなどのデメリットが想定されますが、それも、
どうでしょうか?いわゆる既成概念に捉われているのかもしれません。

 ビジネス翻訳に従事する場合の既成概念=固定観念の内容と、文芸翻訳に
従事する場合の既成概念=固定観念とはちょうど裏腹の関係になっています。
このように、私達は既成の情報、過去の継続的な知識や先輩から教えられた
知識情報に囚われてしまいがちです。 ……

※続きはこちらから:http://e-trans.d2.r-cms.jp/kantou2/

====================================================
【2】 TPT 第208号から 注目記事 [Alumni編集室から]
====================================================
 TOEIC英語資格の次は、
  CAP ( Certified Administrative Professional ) 米国型マネージメント英語検定
  バベル翻訳専門職大学院(USA)  副学長 堀田都茂樹
 
皆さまもご存知のように、世の中には、英語の運用能力を問う試験は以下のように
豊富です。

・英検(実用英語技能検定)
・TOEIC(トーイック)
・TOEFL(トーフル)
・IELTS(アイエルツ)
・国連英検(国際連合公用語英語検定試験)
・日商ビジネス英語
・ケンブリッジ英検
・オックスフォード英検 等

しかし、これらはあくまでも英語の運用能力試験。言ってみれば‘英語を学ぶ資格試験’。
しかし、これからはそれに次いで、‘英語で学ぶ’資格試験が求められると確信します。

そこで、CAP(Certified Administrative Professional)をご紹介します。
https://www.iaap-hq.org/

CAP(Certified Administrative Professional)はアメリカ、カンザスシティに本部を
持つIAAP(International Association of Administrative Professionals)が
実施するオフィス プロフェッショナルを認定する国際資格です。 

その認定に求められる能力は、マネジメント、ビジネスコミュニケーション会計、IT、
情報セキュリティ、そして高度な英語力というきわめて広範なビジネス能力です。

それはプレMBAとも称され、それ以上にバランスの取れた能力を証明するもので、
まさに国際ビジネスにかかわる者としてのEmployability(エンプロイアビリティ
=企業が求める能力)を保証する資格です。

TOEICのハイスコアだけでは差をつけられない時代になりました。

机上の英語力ではなく、ビジネス実務に即した英語力の証明であるCAPこそが、
現代のビジネスパーソンの大きな武器となると思います。このアメリカの資格試験は、
高い英語力と共に、実践的なマネージメント力が証明でき、世界中のホールダーは
約10万人、世界中で通用する資格です。

CAP資格が求める能力(日本語)
*オフィスコミュニケーション(Oral, Written)、ビジネスレター
*人的ネットワーキング
*会議の準備・議事録の作成
*ファイリング管理
*英文会計(P/L B/S)
*マネージメント(経営理論、人事管理)
*タイムマネジメント
*デイシジョン・メイキング 
*IT知識(ソフト・ハード・システム)
*データのセキュリティ管理
*人間工学 

CAP資格が求める能力(英語)
●Organizational Communication
Application of communication, management theories and leadership models
Resolving conflict/ Networking /Team building& dynamics/Presentation/
Coaching Mentoring/Public speaking /Multicultural communication/
Work productivity/Legality

●Business Writing and Document Production
Creating and distributing of correspondence, documents, reports/
Research and Analysis/Editing and Proofreading/Presentation Software
/Charts and Graphs Web publishing /Creation of Minutes of meetings and Agenda

●Technology and Information Distribution
IT knowledge (Software and Hardware) /Information distributing /
Data utilization and visualization/Internet and SNS / Installation,
maintenance, troubleshooting Backup/Compatibility of software/
Understanding of IT related legal issues 

●Office and Records Management
Understanding of ARMA Guidelines/Electronic and manual filing management/ 
Security for files/ Laws of record storage & confidentiality /
Efficient and effective workplaces
Inventory software/Virtual and traditional offices

●Event and Project Management
Event and travel preparation/Planning of various business travels/
Knowledge of negotiating, budget review, bill explanation when organizing a project

●Operational Functions
HR Related: Professionality and legality/Organizational policies and Procedures   
Recruitment, Staffing, Hiring/Diversity Training /HRM
knowledge/Onboarding and Offboarding processes/ Performance
Evaluation/Orientation
Financial Related: Accounting terminology/creating, tracking, balancing a budget

オフィス・ワーカーを対象としたこの資格は、昇格、あるいは管理職へのステップ・アップに役立ち、
多種多様な職種や職位を持つホルダーが世界中で活躍しています。

言い換えれば、CAP試験合格がもたらす成果としては、

●仕事に生かせるビジネス英語力がつく
→ TOEIC等のスコアアップにも大きくつながります。

●広範囲な米国型マネージメント知識を習得することにより、特に外資系では昇進、異動などに有利
→ 英語のミーティングやプロジェクトに自信を持って参加することができます。

●様々な英語のマネージメントノウハウが要求される場面で、英語でリーダーシップを発揮できます。

最後に資格試験の基本情報を載せておきましょう。

・試験日 年2回 3月と9月
・会場 IAAPの指定の受験会場(世界各国にあります)
・試験形式 CBT( Computer-based Testing )方式、四肢選択
・試験時間 3時間半、約300問
・受験料 560ドル(IAAP会員は375ドル)*IAAP年会費175ドル
・受験資格 学位とビジネス実務実績が必要
(高卒:2年以上、短大卒:3年以上、学位なし:4年以上)
*高卒でも受験資格はあります。合格後、実務を積んで正式認定

現在、本誌の特集でCAPの連載を行っています。
http://e-trans.d2.r-cms.jp/

また、バベルユニバーシティでは、以下のように受験準備コースを設けております。
詳細はお問合せください。
http://babel-edu.jp/cap/

※全文はこちらから:http://e-trans.d2.r-cms.jp/alumni2/

====================================================
【3】日本翻訳協会からのお知らせ
====================================================
一般社団法人 日本翻訳協会  試験のご案内
====================================
☆★☆日本翻訳協会の認定校のバベル翻訳大学院USA 修了生の方は
    2018年11月実施の各試験を受験料\3,000にて受験頂けます!! ☆★☆
(一般受験料:\5,400から)

*試験のお申し込みの際には必ず、
バベル翻訳大学院(USA)の「修了年度と専攻」を受験申請書の
「備考」欄に記載して下さい。
====================================
<2018年11月17日実施>

1.第30回JTA公認 翻訳プロジェクト・マネージャー資格基礎試験
実施日:2018年11月17日(土)10:00~13:00(日本時間)
締切り:2018年11月13日(火)(日本時間)
詳細・お申込は、当協会ホームページから 
http://www.jta-net.or.jp/about_pro_exam_tpm.html

2.「出版翻訳能力検定試験」
実施日:2018年11月17日(土)10:00~13:00(日本時間)
締切り:2018年11月13日(火)(日本時間)
1) 第22回 絵本翻訳能力検定試験 
2) 第19回 スピリチュアル翻訳能力検定試験
詳細・お申込は、当協会ホームページから 
http://www.jta-net.or.jp/about_publication_exam.html
 
3.ビジネス翻訳能力検定試験
実施日:2018年11月17日(土)10:00~12:00(日本時間)
締切り:2018年11月13日(日本時間)
1) 第28回 IR・金融翻訳能力検定試験(英日・日英)
2) 第32回 リーガル翻訳能力検定試験(英日・日英)
詳細・お申込は、当協会ホームページから 
http://www.jta-net.or.jp/about_business_exam-2.html

====================================================
2018年11月6日発行 バベル翻訳大学院(USA) Alumni Service




このご案内はBABEL UNIVERSITYから配信しております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元:Babel University Professional School of Translation
Home Page:http://www.babel.edu
無断での転載・複写を禁止します。
Copyright(c) 2018 Babel Corporation All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当大学院からのご案内の配信停止をご希望の方は、下記フォームをご利用ください。
https://www.babel.co.jp/form/stp2.html
※掲載されている記事の無断複写・転載を禁止します。