第71号 11月30日、ハワイの学位授与式のアラムナイミーティングに寄せて


○○○○○-------------------------------------------------------
バベル翻訳大学院(USA) Alumni News Letter 
第71号  2019年1月29日発行

このニューズレターは、バベル翻訳大学院(USA)のAlumni Serviceより、
院生・修了生の方々にお送りしております。

Alumni Associationのページをぜひご活用ください。

バベル翻訳大学院facebook

バベルのWEBマガジン「The Professional Translator」

発行:毎月7日、22日
 【ログインID:ご自身のメールアドレス】
 【パスワード:0000】
--------------------------------------------------------○○○○○

<<<目次>>>
【1】	TPT 第212号から 注目記事[Alumni編集室から]
【2】 日本翻訳協会からのお知らせ

====================================================
【1】 TPT 第212号から 注目記事 [Alumni編集室から]
====================================================
11月30日、ハワイの学位授与式のアラムナイミーティングに寄せて  
 バベル翻訳専門職大学院(USA)  副学長 堀田都茂樹

バベルの大学院を修了して、MST( Master of Science in Translation)を取得した以降、
バベルグループとどう仕事をしていくか、もちろん仕事を保証するものではありませんが、その
基本を、先日、11月30日にハワイで行われた学位授与式の中のALUMNIミーティングに寄せて説明
をさせていただきます。

以下のアメリカの労働省のJob Outlookに表現されているように、2026年までに翻訳、通訳の
仕事の伸長率は118%、575の全業種の50位以内に位置している有望な職業と言えます。
従って、翻訳マーケットがある種バブル状態の現況では、バベルの大学院を卒業したあとに
バベルグループとコラボして仕事をするという選択肢にこだわる必要はないわけですが、
手の内の選択肢として詳述していきます。
	https://www.babel.edu/news/joboutlook/

修了後は以下のバベルグループの翻訳関連の事業で、翻訳者、ライター、編集者、翻訳教師、
通訳者として働いていただくというのも身近な進路として考えられます。
	http://www.babel.co.jp/

しかし、私どもとしては、ひとりのプロフェショナルとして働いていただくだけでなく、
あるプロジェクトを仕切っていただく形式で、バベルグループとのパートナーシップを
組んでいただきたいと考えています。

こうしてプロジェクトマネージャーとして働く場合は、個人でも会社組織でもかまいません。
しかしその場合、プロジェクトマネージメントの技術、知識を以下の資格を取得して、
修めてください。

翻訳プロジェクト・マネージャー資格基礎試験
	http://www.jta-net.or.jp/about_pro_exam_tpm.html
翻訳プロジェクト・マネージャー資格上級試験
	http://www.jta-net.or.jp/about_pro_exam_tpm_2.html

この場合、前述のような様々なバベルの翻訳関連事業
(専門別翻訳ビジネス、翻訳出版・編集ビジネス、版権仲介ビジネス、翻訳教育ビジネス、
出版創作ビジネス等々)のどこかの部門とパートナーシップを組むことになります。

いずれにしても、以下のように、そのための必要条件と十分条件があります。
はじめに、必要条件ですが、これは当然のことですが

1. MST(Master of Science in Translation)、修士号のホールダーであること。
翻訳の世界規格(ISO17100)においても、Qualification of Translatorとして真っ先に
翻訳のディグリーを持つこととしています。
	https://www.babel.edu/the-professional-translator/mission031/

2. 次に、翻訳の世界規格(ISO17100)においても尊重されている翻訳の資格を持つことです。
提携機関の一般社団法人日本翻訳協会の提供するプロ翻訳者に必要な様々な検定のうち、ご自身
の専門分野としたい検定にチャレンジください。日本翻訳協会のページには日本翻訳協会は実施
していませんがプロ翻訳者になるために推奨している検定、講座情報も紹介されています。
	http://www.jta-net.or.jp/index.html
 
翻訳能力検定試験
翻訳能力検定試験には「出版翻訳能力検定試験」、「ビジネス翻訳能力検定試験」があります。
それぞれ分野ごとの試験が行なわれています。*ここでは英語関連に限定します。
○出版翻訳能力検定試験
  ・絵本翻訳能力検定試験
  ・ヤングアダルト・児童書翻訳能力検定試験
  ・エンターテインメント小説翻訳能力検定試験
(ミステリー、SF、ファンタジー、ホラー)
  ・ロマンス小説翻訳能力検定試験
  ・スピリチュアル翻訳能力検定試験(フィクション/ノンフィクション)
  ・一般教養書(ビジネス関連)翻訳能力検定試験
  ・一般教養書(サイエンス関連)翻訳能力検定試験
  ・出版シノプシス能力検定試験
○ビジネス翻訳能力検定試験
  ・IR/金融翻訳能力検定
  ・リーガル翻訳能力検定
  ・医学/薬学翻訳能力検定
  ・特許翻訳能力検定

翻訳資格検定試験
資格認定試験には「翻訳プロジェクト・マネージャー資格基礎試験」、
「翻訳プロジェクト・マネージャー資格上級試験」、「JTA公認翻訳専門職認定試験」があります。
〇翻訳プロジェクト・マネージャー資格基礎試験
〇翻訳プロジェクト・マネージャー資格上級試験
翻訳プロジェクト管理・運営責任者としての能力をプロジェクト・マネージメントに必要とされる、
6つの分野を念頭に審査する試験です。
1) 時間管理、2) 人材管理、3) 資源管理、4) コスト管理、5) クライアント管理、
6) コンプライアンス管理

〇JTA公認翻訳専門職認定試験
翻訳のプロフェッショナルの能力を総合的に審査する試験です。以下の4科目のテスト全てに合格し、
翻訳実務経験2年の実績審査を行った上で「JTA 公認翻訳専門職(Certified Professional 
Translator)」と認定します。
1) 翻訳文法技能試験、2)翻訳IT技能試験、3)翻訳マネジメント技能試験、4)翻訳専門技能試験
(「翻訳能力検定試験」のなかから1分野)

 これらの検定を取得することが、キャリアデザインを実現するための試金石となると考えます。
皆様がパートナーとしてバベルグループで仕事をしたい場合は、これらの検定取得が必須と
お考え下さい。

次に、バベルグループとパートナーシップを組んで仕事をする場合の十分条件をお話ししましょう。

それは、以下のバベルグループの使命(ミッション)とあなた自身の使命、目標とのすり合わせが
できているかです。

【バベルグループの使命】
・MISSION(使命)
 智の宝庫である地球【 Global Knowledge Garden】 において、 翻訳を通じて智の共有を実現し、
 人々に気づきをもたらし、 共に喜びを分かち合える環境を創ることです。

・GOAL(施策)
これを実現するのが以下のバベルグループの各事業です。
	http://www.babel.co.jp/

・OUTCOMES(目標)
翻訳高等教育のプロフェショナリズムを確立し、翻訳会社のプロフェショナリズムを確立し、
そして、 翻訳者のプロフェショナリズムを確立します。

従って、このバベルグールプの各事業をよく知っていただき、その各事業に関連した、
もしくはその隙間でバベルグループとのパートナーシップを組んでもらいたいのです。
再度言いますが、それはいち翻訳者、いち編集者、いち教育者というスタンスだけでなく、
あるプロジェクトを仕切っていただく、という仕事の仕方も考えてほしいのです。

ここで改めて、初心にかえってあなたが、なぜ、この大学院を選び、どんな翻訳キャリアを
めざしたいのか、過去にさかのぼって総点検するひとつの方法を見ていきましょう。
その核の部分は5年後の履歴書づくりです。
 
【キャリアサクセス診断シート】
	https://www.babel.edu/careerconsulting/
1.  自己発見シート作成
      Find your own uniqueness
	https://www.babel.co.jp/bcc/mailform/bcc1.html
2. キャリアビジョン作成
   Define your own success
	https://www.babel.co.jp/bcc/mailform/bcc2.html
3. スキル棚卸しシート作成
     Do your own inventory
	https://www.babel.co.jp/bcc/mailform/bcc3.html
4. 5年後の未来履歴書作成
  Write your future resume
	https://www.babel.co.jp/bcc/mailform/bcc4.html
5. 5年間のアクションプラニング作成
  Make your action plan
	https://www.babel.co.jp/bcc/mailform/bcc5.html

全部で5つからなる、自分の成功イメージをあぶり出す診断ですが、その4つ目が、
5年後の未来履歴書をつくること。そして、これを受けて5つ目が、その未来履歴書に
至るアクションプランを具体化することで完成させるというものです。
 
このキャリアサクセス実現診断シートを記入して、キャリアコンサルティングを受けると
より効果的と思います。
	https://www.babel.edu/careerconsulting/

 以上が目標達成のためのバベルユニバーシティのキャリアデザイン実現支援
プロジェクトです。しかし、在学中においてもその目標達成にあたっては様々な課題に
遭遇すると思います。しかし、いつも心掛けてほしいのがキャリアコンサルティングです。
臆せずに何回でも重ねてください。
 
 以上、学位授与式のアラムナイミーティングに寄せて申し上げました。

‘翻訳’を志した以上、‘翻訳’で社会を変革するような意気込みで、プロフェショナルを
目指してください。共に、‘翻訳’を通じて日本の‘一隅’を変革する活動ができれば
うれしく思います。

	※全文はこちらから:http://e-trans.d2.r-cms.jp/alumni2/

====================================================
【2】日本翻訳協会からのお知らせ
====================================================
一般社団法人 日本翻訳協会  試験のご案内
====================================
☆★☆日本翻訳協会の認定校のバベル翻訳大学院USA 修了生の方は
   2019年2月実施の各試験を受験料\3,000にて受験頂けます!! ☆★☆
(一般受験料:\5,400から)

*試験のお申し込みの際には必ず、
バベル翻訳大学院(USA)の「修了年度と専攻」を受験申請書の
「備考」欄に記載して下さい。
====================================
<2019年2月16日実施>

1.「出版翻訳能力検定試験」
実施日:2019年2月16日(土)10:00~13:00(日本時間)
締切り:2019年2月12日(火)(日本時間)
1) 第23回 絵本翻訳能力検定試験  
2) 第15回 ロマンス小説翻訳能力検定試験
3) 第20回 スピリチュアル翻訳能力検定試験
詳細・お申込は、当協会ホームページから 
	http://www.jta-net.or.jp/about_publication_exam.html
 
2.ビジネス翻訳能力検定試験
実施日:2019年2月16日(土)10:00~12:00(日本時間)
締切り:2019年2月12日(日本時間)
1) 第28回 医学・薬学翻訳能力検定試験(英日・日英)
2) 第28回 特許翻訳能力検定試験(英日・日英)
詳細・お申込は、当協会ホームページから 
	http://www.jta-net.or.jp/about_business_exam-2.html

3.第31回 翻訳プロジェクト・マネージャー資格基礎試験
実施日:2019年2月16日(土)10:00~11:30(日本時間)
締切り:2019年2月12日(日本時間)
	http://www.jta-net.or.jp/about_pro_exam_tpm.html

====================================================
2019年1月29日発行 バベル翻訳大学院(USA) Alumni Service


このご案内はBABEL UNIVERSITYから配信しております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元:Babel University Professional School of Translation
Home Page:http://www.babel.edu
無断での転載・複写を禁止します。
Copyright(c) 2019 Babel Corporation All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当大学院からのご案内の配信停止をご希望の方は、下記フォームをご利用ください。
https://www.babel.co.jp/form/stp2.html
※掲載されている記事の無断複写・転載を禁止します。