第75号 世界の変化、動向を感じていますか?

○○○○○-------------------------------------------------------
バベル翻訳大学院(USA) Alumni News Letter
第75号  2019年3月26日発行

このニューズレターは、バベル翻訳大学院(USA)のAlumni Serviceより、
院生・修了生の方々にお送りしております。

Alumni Associationのページをぜひご活用ください。

バベル翻訳大学院facebook

バベルのWEBマガジン「The Professional Translator」

発行:毎月7日、22日
【ログインID:ご自身のメールアドレス】
【パスワード:0000】
--------------------------------------------------------○○○○○

<<<目次>>>
【1】 TPT 第216号から 注目記事 [巻頭言]
【2】 TPT 第216号から 注目記事 [Alumni編集室から]
【3】 日本翻訳協会からのお知らせ

====================================================
【1】 TPT 第216号から 注目記事 [巻頭言]
====================================================
「世界の変化、動向を感じていますか?」
 BUPST バベル翻訳専門職大学院 学長 湯浅美代子
 
 皆様こんにちは。2019年2月7日号の配信となりました。時の経つのがとても速く感じます。いまや、立春には、お寿司の恵方巻を食べることが定番になりつつありますが、皆様はいかがでしょうか?節分の豆撒きの行事も、一般家庭ではもうやらなくなってしまったのではないかと思います。今年は、昨年よりさらに速いテンポで進んでいきそうですね!

 ユーチューブでは、アメリカの中西部の各州では、寒波の襲来で、-54度などという、南極の気温より低い地域ができていて、動物の凍死などのニュースがありました。大変な寒さですね。やはり、地球の異常気象は引き続き起きているようです。ハワイ州では、昨年の5月頃からキラウエア火山の溶岩流の噴出が激しくなり、大規模な噴火にならなければよいがという心配がありましたが、昨年11月の学位授与式のタイミングでは大丈夫でした。

 このように、地球全域で見れば、まるで、火攻め水攻め、更には氷攻めの様相を呈していますね。しかし、今年も、アメリカのイエローストーンの火山の噴火の危険も続いているようですし、日本国内の火山では、阿蘇山の噴火などの兆候があればこれも大変な事態が想定されます。

 やはり、21世紀という、大きな時代の変化を乗り越えていくためには、通らなければならない、ある種通過儀礼のようなものかもしれません。私達人類の意識の変化、テクノロジーの進化がこれからどんどん起きていくタイミングであることを考えれば、それは、当然のことなのかもしれませんね。……

※続きはこちらから:http://e-trans.d2.r-cms.jp/kantou2/

====================================================
【2】 TPT 第216号から 注目記事 [Alumni編集室から]
====================================================
99年の愛
バベル翻訳専門職大学院(USA) 副学長 堀田都茂樹

『99年の愛 ~JAPANESE AMERICANS~』は、日本のTBSの開局60周年記念として、2010年、5夜連続で放送された。脚本家の橋田壽賀子さんが、自身の生涯のテーマでもある「戦争と平和」というテーマで描いた最後の作品と言う。主演は草なぎ剛と仲間由紀恵。
※「なぎ」は弓偏に剪(せん)

1世紀前、生きるためアメリカの大地に夢を賭けるしかなかった日系移民1世。アメリカで生まれ日本を知らずに生きるしかなかった日系移民2世。過酷な運命は、同じ家族を世代によって日本とアメリカの間で引き裂こうとする。

縁あって手に入ったDVDを一気に観て、涙が止まらなかった。

この壮大な物語は、99年前、アメリカ本土へ渡った日系移民の話から始まる。

以下、オフィシャルWEBページから
http://www.tbs.co.jp/japanese-americans/
2010年8月、米国ワシントン州のシアトルで農場を営む日系2世の平松しのぶと次郎は、日本で暮らす妹・太田さちと70年ぶりの再会を果たす。11歳の時にアメリカから日本へ帰されたさちは、家族に捨てられたと思い込み、それ以来、アメリカに残った家族のことはないものとして生きてきた。そんなさちのため、大リーグ・マリナーズで活躍するイチロー選手の試合を孫と観にいくという名目で息子の嫁・景子が、生き別れとなっていた兄妹に連絡を取り引き合わせたのだ。これまでアメリカを避けて生きてきたさちだったが、アメリカに残った家族がその後どんな生き方をしたのかを知りたかったのと同時に、自分が今までどんな思いで生きてきたのかを知ってもらいたいと考え始める。

人種差別や戦争による逆境・苦悩が彼らを襲い、そのたびに強く乗り越え、生き抜く家族。その中でもアメリカで生まれ日本を知らずに育った”日系移民2世”の長男平松一郎(草なぎ剛)には特に激動の運命が襲いかかる。一郎は日系アメリカ人による「442部隊」に志願し、日本人の魂を持ちながらアメリカのために戦うことを選んだ。

その兄の生き様を受けて妻のしのぶ(仲間由紀恵)、弟の二郎(松山ケンイチ)、父(中井貴一)、母(泉ピン子)の心境は大きく変化し、運命と立ち向かう強さをもらった。そしてやがて戦争が終わり彼らの新たな人生が始まる…。

これは、反日感情にさらされ、戦争に翻弄されながらも、夢を追って海を渡り、命を懸けて激しい困難に立ち向かい続けた日系移民の家族の物語”である。

戦争に翻弄された日系人の縮図のような運命を辿る家族。しかし、彼らはどんな逆境にあっても決して挫けない。健気で力強い日系人の姿が、世代を越え現在へと続く99年の物語となり、現代に生きる我々に日本人の誇り、底力、勇気を呼び覚ます。

橋田壽賀子曰く、戦争と平和”は私の一生のテーマです。今回の物語は、100年前にアメリカへ渡った日系移民の家族を通して、戦争と平和への全ての想いを託した私の集大成であり、これが私にとって最後の作品になると思います。私自身、終戦時は20歳。戦前・戦中・戦後の全てを経験しました。今回の100年にわたる家族の物語で伝えたい事は、私の遺言でもあります。戦乱の時代に翻弄されながらも、“努力”と“勇気”と“後悔”を胸に、懸命に生き抜いた家族の物語を最後に書いておきたかった。
日本をみつめ直す事を、忘れないで欲しいです。

瀬戸口プロデューサー曰く、
「一つの家族を通して、日系アメリカ人の歴史と生き様を描きたい」我々が橋田先生から最初に企画の構想を伺ってから足掛け4年…その作品がいよいよ動き出す、ということで身が引き締まる思いで一杯です。“戦争と平和”を生涯のテーマとして数々の作品を世に送り出してきた橋田先生が、自ら「最後の作品」と宣言してお書きになった作品ですので、先生のその思いと覚悟をしっかりと受けとめて、全力で作品づくりに挑みたいと思っています。2月中旬からスタートする撮影は約5ヶ月に及び、アメリカでもシアトル周辺のほか、カリフォルニア州のマンザナー(実際に日系人が収容された強制収容所があった場所です)などで約2ヶ月間ロケを行います。アメリカならではの壮大なスケール感も、しっかり映像で表現したいと思っています。“戦争と平和”というテーマに加えて、 戦前から戦中、戦後と米国で生き抜いた日系アメリカ人の生き様は、今を生き抜くための大きなヒントになるはず。だからこそ、今、伝えなければならない作品だと強く思っています。

バベルの大学院の院生、修了生も、その子供がアメリカ国籍、母親が日本国籍と言うケースも少なくない。そんなことも頭をよぎり、国を跨ぐという異文化葛藤は他人ごとには思えなかった。

また、100年前と言っても、1952年生まれの私にとっては、また、現在、94歳の私の母にとっては、と考えると遠い過去の出来事とは思えなかった。

今の日本を囲む世界情勢に目を転じても、この時代の教訓は大事に反芻すべきことと深く感じた。

日本の同胞、仲間を思うという横軸の健全なナショナリズム、過去の先人の残してくれた目に見えない資産を、次の世代に引き継ぐ責任という縦軸のナショナリズム、‘私’だけ、‘今’だけと考えがちな今の私たちに深いメッセージをくれた。

是非、縁がありましたらご覧ください。
今年、日本は御代がわりの年、この縁も大事に考えるべき時なのかもしれない。

※全文はこちらから:http://e-trans.d2.r-cms.jp/alumni2/

====================================================
【3】日本翻訳協会からのお知らせ
====================================================
一般社団法人 日本翻訳協会 試験のご案内
====================================
☆★☆日本翻訳協会の認定校のバベル翻訳大学院USA 修了生の方は
   2019年4月実施の各試験を受験料\3,000にて受験頂けます!! ☆★☆
(一般受験料:\5,400から)

*試験のお申し込みの際には必ず、
バベル翻訳大学院(USA)の「修了年度と専攻」を受験申請書の
「備考」欄に記載して下さい。
====================================
<2019年4月20日実施>

1. 第17回 翻訳プロジェクト・マネージャー資格上級試験
実施日:2019年4月20日(土)10:00~11:30(日本時間)
締切り:2019年4月16日(火)(日本時間)
詳細・お申込は、当協会ホームページから 
http://www.jta-net.or.jp/about_pro_exam_tpm_2.html

2.「出版翻訳能力検定試験」
実施日:2019年4月20日(土)10:00~13:00(日本時間)
締切り:2019年4月16日(火)(日本時間)
1) 第22回 ヤングアダルト・児童書翻訳能力検定試験  
2) 第21回 エンターテインメント小説翻訳能力検定試験
詳細・お申込は、当協会ホームページから 
http://www.jta-net.or.jp/about_publication_exam.html

3.ビジネス翻訳能力検定試験
実施日:2019年4月20日(土)10:00~12:00(日本時間)
締切り:2019年4月16日(日本時間)
1) 第29回 医学・薬学翻訳能力検定試験(英日・日英)
2) 第29回 特許翻訳能力検定試験(英日・日英)
詳細・お申込は、当協会ホームページから 
http://www.jta-net.or.jp/about_business_exam-2.html

4.第19回フランス語翻訳能力検定試験
◆ノンフィクション分野
実施日:2019年4月20日(土)10:00~13:00(日本時間)
締切り:2019年4月16日(火)(日本時間)
詳細・お申込は、当協会ホームページから 
http://www.jta-net.or.jp/about_french_translation_exam.html

5.第19回 ドイツ語翻訳能力検定試験
◆ノンフィクション分野
実施日:2019年4月20日(土)10:00~13:00(日本時間)
締切り:2019年4月16日(火)(日本時間)
詳細・お申込は、当協会ホームページから 
http://www.jta-net.or.jp/about_german_translation_exam.html

====================================================
2019年3月26日発行 バベル翻訳大学院(USA) Alumni Service

このご案内はBABEL UNIVERSITYから配信しております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元:Babel University Professional School of Translation
Home Page:http://www.babel.edu
無断での転載・複写を禁止します。
Copyright(c) 2019 Babel Corporation All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当大学院からのご案内の配信停止をご希望の方は、下記フォームをご利用ください。
https://www.babel.co.jp/form/stp2.html
※掲載されている記事の無断複写・転載を禁止します。